オウンドメディアの特徴とは

オウンドメディアとは自社サービスを直接与えるものではなく、自社サービス②関係した情報を発信していき、ユーザーとの接触を増やしていく事によって、ユーザーを顧客化する事を役割としたフレームワークです。
ユーザー目線に立って情報を発信していき、配信していく事を「コンテンツマーケティング」というのであれば、その配信先は「オウンドメディア」となります。
○オウンドメディアは良質なコンテンツを作り続ける必要がある
良質なコンテンツを作っていくためには、ある程度費用がかかります。
これは企業側にとって「投資」にあたるわけですが、クオリティの高いコンテンツを蓄積していけば、サイトの価値もそれだけ高まり、ユーザーの目に留まるようになります。
イメージ的には貯金しているような感覚です。
○一つのサイトで全ての情報が網羅できるようにすると高評価
ユーザーにとって、いくつかの情報を検索することなく、一つのサイトで全部の情報が網羅できるのは効率的で便利です。検索エンジンについても、情報を網羅したサイトを好んで評価します。
メディアを成功させるには、注力したいキーワードに関したテーマを網羅する事が大切なのです。そしてこれがオウンドメディア成功への秘訣でもあります。そんなオウンドメディアが注目される理由はこちらから

マーケティングツール導入で失敗しないようにするには

マーケティングツールの認知度が高まってきていますが、実際に導入している企業はあまり多くありません。また、導入するにあたっては、マーケティングツールの選び方も重要です。それでは、マーケティングツールを導入する上で、失敗しないようにするにはどうすればいいのでしょうか。
○マーケティングツールの選び方
・マーケティングツールの運用や複数のツールについて詳しい代理店に相談する
・マーケティングツールを使う目的を具体的にすること
・複数のマーケティングツールを比較しておくこと
○高性能なマーケティングツールはその分マニュアルも厚い!
たとえ高性能なマーケティングツールを導入しても、管理画面を開いても全く使い方がわからないという例がよくあります。マーケティングツールのマニュアルもちゃんとついているものの、100ページくらいあって読む気すら起こらない…という事も多いです。
本気で成果を出したいなら、100ページ読んでマーケティングツールを使い倒しましょう。
○マーケティングツールは使いこなせなければ意味がない
ある企業では、高性能なメールマーケティングツールを月額10万円近く払って導入していたのですが、担当者が使い方をよく理解できなかったため、テキストのメルマガ配信でしか使っていませんでした。これはとても勿体ないです。
テキストメルマガを送るだけなら今では月額数千円でできますし、HTMLのメールでも送る事ができます。
この企業がどうなったかというと、結局月額数千円のツールに乗り換えたのです。本記事はこちらを参照しました。

効果的にSEO対策するならこの2点を抑えよう!

皆さんこんにちは。今日はより効果的にSEO対策していくためのコツを2点ご紹介します。
○コンテンツの量を増やす
※コンテンツ=ページの中にあるオリジナルの情報
情報量が少ないとグーグルは評価してくれないので、なかなか上位に上がっていきません。
「コンテンツが多い」という基準は100ページ以上です。毎日更新しながらページをコツコツ増やしていきましょう。
一番いいのは、コンテンツ量も多くて質の高いページです。
グーグルは正しくページを評価するので、コンテンツの中身を正確に判断します。そのためごまかす事はできません。
○タイトルを最適なものにする
SEO対策する上で、タイトルは非常に重要です。そのサイトが上位にいくか下がるか、大きな鍵を握る部分でもあります。SEOの法則に従って正しいタイトルを設定するようにしましょう。
そうすれば検索結果で上位にいくようになります。それではどんなタイトルを考えればいいのかというと、まずは次のポイントを意識して作ってみてください。
・インパクトのあるタイトルにする
ありきたりで無難なタイトルはあまり評価されません。ユーザーがギョっとするようなインパクトあるタイトルが好ましいでしょう。
・SEO対策のキーワードを含める
一番の基本ですが、キーワードを必ず含めましょう。もしもキーワードが2つあったならその2つともタイトルに入れます。SEOチェックで効果を確認

成功するオウンドメディアと失敗するメディアの違い

数年で注目されるようになってきたオウンドメディア。
今もトレンドとして伸び続けているオウンドメディアは、成功しているメディアもある一方で、失敗していくメディアもあります。オウンドメディアを立ち上げたからといって、
必ずしもすぐに軌道にのってうまくいくとは限りません。オウンドメディアの成功に要する要点をきちんとキャッチしていなければ、いくらオウンドメディアをたちあげても意味がありません。
それではその成功と失敗の違いは何なのでしょうか?
○オウンドメディアを成功させるのに必要なこと
オウンドメディア戦略を考える時は、まずは次のような事を考慮してみましょう。
・発信したコンテンツで何をわかってほしいのか
・誰に対して発信していくメディアなのか
・ユーザーに対して何を発信していくつもりなのか
オウンドメディアのコンセプトは企業理念に似ています。このメディアを見ればこれが理解できる!というのが明確でなければなかなかユーザーは寄ってきません。
これが成功と失敗の分かれ道でもあります。成長しているオウンドメディアのを活用した事例です。

マーケティングツールとマーケティングオートツールについて

マーケティングツールとは、企業などが関心・行動の違う見込み客に対して行うマーケティング業務をサポートしてくれるツールです。マーケティングオートメーションツールというのもあり、マーケティング業務を自動化する事によって、さらに効率よくマーケティングの成果を生み出す事ができます。また、それを行うツールの事をマーケティングツールといっているのです。
○マーケティングツールがあるとできること
最近注目度の高いマーケティングツールですが、マーケティングツールがあるからこそ、
見込み客一人一人にあったメール配信で、顧客とのより良い関係を築き上げる事ができます。要するに多くのターゲットを管理していき、どの対象が最も契約に至りやすいのか人の手でやっていると手間がかかりますが、マーケティングの一部を自動化し、効率化してくれるのがマーケティングツール(マーケティングオートツール)なのです。マーケティングツールを提供する企業によっては、機能や内容に違いがあるものの、共通する機能を挙げてみるとソーシャルメディアとの連携が挙げられます。
企業は自社の状況に合わせてこれらの機能をうまく使いこなす事により、効率的なマーケティングができるでしょう。
無料で競合分析できるマーケティングツール/もおすすめです。

SEOとは?SEOが目指すところとは

SEOとは「Search Engine Optimization」の頭文字をとった言葉です。
「Search Engine Optimization」を日本語訳してみると「検索エンジン最適化」となります。SEOとは検索エンジンに対して、Webサイトを最適化していく方法です。他にも、検索エンジンでwebサイトを上位表示させる方法があります。
○SEOの目標とは
利用者が「Yahoo!JAPAN」や「Google」などの検索サイトにおいて、特定のキーワードで検索した時、自然検索結果に自社サイトのWebページを上位表示させる事が最終目標です。
○SEO対策を始めるには
SEO対策をしたい!という時には、SEO会社・SEO専門家に依頼しましょう。といっても、「SEO業者」は数多くあり、選ぶのに迷ってしまいます。そんなに多くのSEO業者が存在しているわけは、SEO事業の参入障壁が低く、過去利益率の高いビジネスだった事が要因です。
○SEO対策する目的とは
SEOを行う目的は、上位表示する事によって無料でサイトへの集客を増やす事です。サイト自体がSEO対策できれば、様々な検索ワードからユーザーが訪れるので、一時的ではなく、長期的な流入が見こめるでしょう。キーワードにもよりますが、検索エンジンを利用しているユーザーは、意識が顕在化している可能性もあるので、自然とユーザーを獲得しやすくなります。SEO初心者がやるべきこと

コンテンツマーケティング

みなさまこんにちは。コンテンツマーケティングのコンテンツの作り方を話していきたいと思います。
まず、コンテンツマーケティングとは有益な情報を提供してユーザーの興味を惹きつけるマーケティング施策です。
それではユーザーの興味を引きつけるコンテンツってどんなのでしょうか?
端的に言うと、ユーザーが欲しいものです。とってもざっくりですよね笑。
どう言うことか説明していきます。
例えとして有名な例をあげます。
あなたはドリルが欲しいとします。そのために店舗に足を運びますよね。さてそれは何のためですか。
答えは穴が欲しいのです。ドリルなんて本当は欲しくなく、穴を開けるためにドリルが必要なだけです。
そう考えると、ドリルの話でユーザーの興味を引き付けるコンテンツは、「開けたい穴の形に合わせたドリル一覧」
「~穴を開けるのに最適なドリル紹介」などですね。
決して、ドリルの話を淡々にしても意味がありません。もちろんSEO的にドリルというキーワードをしっかり入れる必要もあります!
本記事はコンテンツマーケティングを参照しました。

増え続けるマーケティングツール

デジタルマーケターたちは毎日平均5つのマーケティングツールを使っていると言われています。それは調査するメディアごとに変わってきます。例えば、ソーシャル広告、動画広告、メール広告などに機能をだったりです。
マーケターが使用しているマーケティングツールはWebサイト分析ツールが80で、マーケティングパフォーマンスの測定ツール81%、コンテンツ用のアセットマネジメントツール46%、DMP68%、マーケティングアトリビューションツール54%、リターゲティング22%となっている。これらからマーケター業務の複雑さを容易にわかります。
Webサイトの分析ツールで毎日自社のWebサイトのパフォーマンスをチェックできるのはアナリティクスです。とってもべんりな マーケティングツールです。
企業がベンダーやツールの集約をしない要因として特定ツールへの依存に対する不安60%、乗り換えコストの高さ30%、自分たちの課題を解決するための適切なツールが実際ない30%という事が挙げられている。
無料競合分析ツール/もおすすめです。

マーケティング分析の中の3C分析について

マーケティング分析の中には複数の方法がありますが、その中には「3C分析」というのがあります。3C分析を行うと事業の進行方向が大体つかめてくるので、分析するのに有利だと考えられています。


マーケティングの3C分析3つの要素とは
マーケティングの本質はいくつもある施策の中から、最も効率的な方法に資源を集中させ、
ターゲットに選ばれ続け、売上や目的を達成するための仕組みをいいます。3C分析でポイントになってくるのは次の要素です。
・自社
・市場(顧客)
・ライバル

3C分析の開始はまず「顧客分析」から
3C分析においては、市場や顧客の分析を行っていきましょう。市場を知らないままだと、自社の長所・短所を的確に把握する事ができません。そこで次の3つのマーケティング手法を使う事によって、効果的に分析が収集できるでしょう。
・顧客分析
・ミクロ分析(業界の構造変化から、自社ビジネスへの影響を検討する)
・マクロ分析(人口や流行の流動など社会的な変化を見つけるために行う)


顧客分析においては、
マクロ・ミクロ分析で取り入れた情報が、顧客のニーズにどのくらい影響を与えているのか見極めていきます。提供する商品やサービスに係る一般的な顧客の動向を分析していき、具体的な購買・使用行動を把握していきます。


デジタルチャネルの分析について

検索エンジン最適化の仕組みについて~クローリング

“analytics”

検索エンジン最適化では、いったいどのように検索結果を表示させているのか気になりますよね。簡単に検索エンジン最適化ができるわけではありません。
webサイトを作成しても、検索結果で上位に表示されるようにするにはステップがあります。今回はそのステップの一つである「クローリング」についてご説明していきましょう。


クローリングとは


「クローリング」という言葉を初めて聞く人も多いでしょうが、これは簡単にいってしまえばwebサイトの情報収集するものです。「クローラー」と呼ばれる検索ロボットが、ネット上にある様々なページを巡回していき、情報収集していきます。この巡回作業を「クローキング」と呼んでいるのです。クローラーは効率よく、ページからページへのリンクもたどっていきます。


しかしネット上では一日に数十億のページが作られているので、おびただし数のページが存在しています。そのため、巡回に値しないようなページは情報収集から漏れてしまいます。また、ウェブサイト作成しただけで自然とクローラーが発見し、巡回してくれるわけでもありません。Webサイト内の各ページも巡回しやすくしなければならないのです。


巡回しやすくさせるには


クローラーがクローリングしやすいようにするには、次のようなポイントがあります。
・検索エンジン用のサイトマップであるsitemap.xmlを作成する
・パンくずリストを設置する
・外部サイトからリンクが集中するような良質なコンテンツを作成する

     検索エンジン最適化