SEOとは?SEOが目指すところとは

SEOとは「Search Engine Optimization」の頭文字をとった言葉です。
「Search Engine Optimization」を日本語訳してみると「検索エンジン最適化」となります。SEOとは検索エンジンに対して、Webサイトを最適化していく方法です。他にも、検索エンジンでwebサイトを上位表示させる方法があります。
○SEOの目標とは
利用者が「Yahoo!JAPAN」や「Google」などの検索サイトにおいて、特定のキーワードで検索した時、自然検索結果に自社サイトのWebページを上位表示させる事が最終目標です。
○SEO対策を始めるには
SEO対策をしたい!という時には、SEO会社・SEO専門家に依頼しましょう。といっても、「SEO業者」は数多くあり、選ぶのに迷ってしまいます。そんなに多くのSEO業者が存在しているわけは、SEO事業の参入障壁が低く、過去利益率の高いビジネスだった事が要因です。
○SEO対策する目的とは
SEOを行う目的は、上位表示する事によって無料でサイトへの集客を増やす事です。サイト自体がSEO対策できれば、様々な検索ワードからユーザーが訪れるので、一時的ではなく、長期的な流入が見こめるでしょう。キーワードにもよりますが、検索エンジンを利用しているユーザーは、意識が顕在化している可能性もあるので、自然とユーザーを獲得しやすくなります。SEO初心者がやるべきこと

コンテンツマーケティング

みなさまこんにちは。コンテンツマーケティングのコンテンツの作り方を話していきたいと思います。
まず、コンテンツマーケティングとは有益な情報を提供してユーザーの興味を惹きつけるマーケティング施策です。
それではユーザーの興味を引きつけるコンテンツってどんなのでしょうか?
端的に言うと、ユーザーが欲しいものです。とってもざっくりですよね笑。
どう言うことか説明していきます。
例えとして有名な例をあげます。
あなたはドリルが欲しいとします。そのために店舗に足を運びますよね。さてそれは何のためですか。
答えは穴が欲しいのです。ドリルなんて本当は欲しくなく、穴を開けるためにドリルが必要なだけです。
そう考えると、ドリルの話でユーザーの興味を引き付けるコンテンツは、「開けたい穴の形に合わせたドリル一覧」
「~穴を開けるのに最適なドリル紹介」などですね。
決して、ドリルの話を淡々にしても意味がありません。もちろんSEO的にドリルというキーワードをしっかり入れる必要もあります!
本記事はコンテンツマーケティングを参照しました。

増え続けるマーケティングツール

デジタルマーケターたちは毎日平均5つのマーケティングツールを使っていると言われています。それは調査するメディアごとに変わってきます。例えば、ソーシャル広告、動画広告、メール広告などに機能をだったりです。
マーケターが使用しているマーケティングツールはWebサイト分析ツールが80で、マーケティングパフォーマンスの測定ツール81%、コンテンツ用のアセットマネジメントツール46%、DMP68%、マーケティングアトリビューションツール54%、リターゲティング22%となっている。これらからマーケター業務の複雑さを容易にわかります。
Webサイトの分析ツールで毎日自社のWebサイトのパフォーマンスをチェックできるのはアナリティクスです。とってもべんりな マーケティングツールです。
企業がベンダーやツールの集約をしない要因として特定ツールへの依存に対する不安60%、乗り換えコストの高さ30%、自分たちの課題を解決するための適切なツールが実際ない30%という事が挙げられている。
無料競合分析ツール/もおすすめです。

マーケティング分析の中の3C分析について

マーケティング分析の中には複数の方法がありますが、その中には「3C分析」というのがあります。3C分析を行うと事業の進行方向が大体つかめてくるので、分析するのに有利だと考えられています。


マーケティングの3C分析3つの要素とは
マーケティングの本質はいくつもある施策の中から、最も効率的な方法に資源を集中させ、
ターゲットに選ばれ続け、売上や目的を達成するための仕組みをいいます。3C分析でポイントになってくるのは次の要素です。
・自社
・市場(顧客)
・ライバル

3C分析の開始はまず「顧客分析」から
3C分析においては、市場や顧客の分析を行っていきましょう。市場を知らないままだと、自社の長所・短所を的確に把握する事ができません。そこで次の3つのマーケティング手法を使う事によって、効果的に分析が収集できるでしょう。
・顧客分析
・ミクロ分析(業界の構造変化から、自社ビジネスへの影響を検討する)
・マクロ分析(人口や流行の流動など社会的な変化を見つけるために行う)


顧客分析においては、
マクロ・ミクロ分析で取り入れた情報が、顧客のニーズにどのくらい影響を与えているのか見極めていきます。提供する商品やサービスに係る一般的な顧客の動向を分析していき、具体的な購買・使用行動を把握していきます。


デジタルチャネルの分析について

検索エンジン最適化の仕組みについて~クローリング

“analytics”

検索エンジン最適化では、いったいどのように検索結果を表示させているのか気になりますよね。簡単に検索エンジン最適化ができるわけではありません。
webサイトを作成しても、検索結果で上位に表示されるようにするにはステップがあります。今回はそのステップの一つである「クローリング」についてご説明していきましょう。


クローリングとは


「クローリング」という言葉を初めて聞く人も多いでしょうが、これは簡単にいってしまえばwebサイトの情報収集するものです。「クローラー」と呼ばれる検索ロボットが、ネット上にある様々なページを巡回していき、情報収集していきます。この巡回作業を「クローキング」と呼んでいるのです。クローラーは効率よく、ページからページへのリンクもたどっていきます。


しかしネット上では一日に数十億のページが作られているので、おびただし数のページが存在しています。そのため、巡回に値しないようなページは情報収集から漏れてしまいます。また、ウェブサイト作成しただけで自然とクローラーが発見し、巡回してくれるわけでもありません。Webサイト内の各ページも巡回しやすくしなければならないのです。


巡回しやすくさせるには


クローラーがクローリングしやすいようにするには、次のようなポイントがあります。
・検索エンジン用のサイトマップであるsitemap.xmlを作成する
・パンくずリストを設置する
・外部サイトからリンクが集中するような良質なコンテンツを作成する

     検索エンジン最適化

マーケティングツールの基礎知識、大事なこと

“media”

最近日本でも「マーケティングツール」が増えてきていて、これからどんどん増え続けていくだろうと考えられます。現在では200以上ものマーケティングツールが存在し、どのように選んだらいいのかわからないという方も多いでしょう。実際マーケティングツールについての問い合わせは増えつつあります。

マーケティングツールを選ぶ時の注意点とは

マーケティングツールを選ぶ時には、いくつか注意点があります。まず一番重要なのが、何を目的としてマーケティングツールを探すのか明確にする事です。しかしこれには大きな落とし穴となります。「最近、そろそろマーケティングツール業務に着手したい!」と漠然に思っただけでマーケティングツールを選ぼうとする人もいるでしょうが、これは適切な順序ではありません。まずはマーケティングツールで「何をしたいか」というのを分析しなければならないのです。

マーケティングツールを使って何をしたいの? マーケティングツールを使う目的について考えましょう。 ・ツイッターやフェースブックで自社の顧客とのコミュニケーションをスムーズにやる事が目的なのか? ・商品宣伝をしたいのか? ・風評被害を抑えたいのか? ・全部行いたいのか? などなど、マーケティングツールを使って何をしたいのか目的は複数考えられますよね。 このプロセスを誤ってしまうと、実際にマーケティングツールを導入したのはいいものの「できなかった」なんて事になってしまいます。ミスマッチが生じてしまうのです。

大事なのはマーケティングツールを使う事ではないのです。・商品宣伝をしたいのか? を通じて具体的にどんな事を達成したいのか具体化する事が大切なのです。

マーケティングツール

マーケティングの歴史

“marketing”

マーケティングは現在になるまでにその形を変えてきました。 これらの変化を見ていきましょう。 ※デジタルが普及後からに限る

アウトバウンドマーケティング:70年代~

アウトバウンドマーケティングが出てきたのはTVが世に出回ってきたからが主です。 そこから効果的な宣伝方法だと認識されて、一時代を築きます。

インバウンドマーケティング:2000年代~

インバウンドマーケティングは消費者自らに商品を買ってもらえる環境作りに特化しています。 これは、インターネットの普及が広まってから流行しているスタイルです。肝心なことは情報の提供の量と質が変わったことです。インバウンドではターゲットを絞る代わりにより購入に近いユーザーに宣伝します。

メールマーケティング:2000年代後半~

インバウンドマーケティングの流行とともにメールでのマーケティングが行われ始めました。2つを駆使してマーケティングのROIを強化していきます。

オウンドメディア:2010年代~

自社メディアの活用が鍵を握っています。誰もが簡単に自分のサイトから情報を発信できる仕組みが整って、ネットでの競争がより激しくなっています。 よりブランド力や発信力が重要視されています。

ざっとこういった流れです。マーケティングは実社会からネットねのものに形を変えていきます。今後はもしかしたら、実社会でのマーケティングに戻るかもしれませんね

本記事はマーケティングを参照しました。

営業に活かせるマーケティング

“marketing”
ウェブマーケティングで得られた情報は営業に結びつくということがよく言われています。
ではどんな情報が実際に結びつくのでしょうか?
よく言われているのがマーケティングオートメーションのリードナーチャリングで得られたユーザー別のスコアです。
スコアが高いユーザーほど購入に近いユーザーでそのフォローを営業がすることで購入へと導かれると言われています。ですが、それは正しいのでしょうか?
まずどんなところからスコアが計算されるかというと、ページビューやリピート回数、平均滞在時間などです。
これらからスコアは算出されます。ただこの要素だと単に競合を調べてたり、情報を閲覧しているのみかもしれません。そういったことから単純にスコアを営業先データの参考にするのはあまり良くないと思います。また、営業に渡しても結果が出なかった場合、営業とマーケティング間での関係に問題が起きてしまうかもしれません。そういった面からもスコアを重視して営業に活かせるというのは盲信すべきでないと感じます。マーケティング分析

“Eメールマーケティングはまだ重要な理由3つ “

“minna”


1.電子メールは、最もよく使用されるオンラインチャネルの一つである


オンラインチャネルは、信じられないほど多くなったが、まだ多くの人が電子メールを使用します。国内でもインターネットユーザーの半数以上が電子メールを使用しています。


2.電子メールは、明らかになった消えるサービスはありません


PC通信、オンラインメッセンジャー、SNS、モバイルメッセンジャーが明らかになった消える中メールは、最初に登場した以来、着実に桁を守ってきました。


3.電子メールのサブスクライバがフェイスブックのページのファンよりも参加率が高くなります。


フェイスブックページのファンになるのは、ワンクリックで十分です。しかし、電子メールを購読するためには、それよりも多くの努力が必要です。メールアドレスを入力して、サブスクリプションのボタンをクリックして、サブスクリプションの確認のメールを開いてもう一度ボタンをクリックするのです。


それだけ忠誠心が高く、コンテンツの参加率も高くなります。フェイスブックのコンテンツは、ニュースフィードの中で流さがメールの内容は、ユーザーの設定に応じて精巧に分類されて溜まって、検索機能を使用して再度参照も簡単です。

マーケティングツール

“オウンドメディアがカギを握る消費者の購入プロセスの変化 “

“marketing”


こんにちは。みなさんは何か買うときどのようにして購入していますか?
店頭に行って店員さんの話を聞いて?それともネットから自分で調べて買っていますか?


私はネットで買うことが増えています。
なぜなら。。。


1.移動の手間がない
2.色々な角度から検討できる(情報が多い)
3.種類が豊富(店頭にないものも検討可能)


こういった理由でネットでものを購入します。


もちろん店頭で販売員さんの話を聞くことは有意義です。それに自分で購入したと言うワクワク感もあります。
ただ、ネットで購入する人が増えていることも確かです。
そんな時代だからこそ、企業は自社メディア(オウンドメディア)を活用して商品を買ってもらえるように努力する必要があるのではないかと思います。


僕はオウンドメディアの活用が今後の企業のカギを握ると考えています。
自分らの商品を買ってくれるファンをオウンドメディアを通して獲得しましょう。
面白いコンテンツなどユーザーの心を掴む情報を提供することでファンは増えると思います。


そうした、オウンドメディアを利用したマーケティング手法の事例などもあるので検索して見ましょう。
また、オウンドメディア専用ツールもあるのでよかったら参考にしてください。


http://www.listeningmind.com/オウンドメディアマーケティング/