オウンドメディアマーケティングをすすめる理由って何?

最近オウンドメディアマーケティングを始める企業が増えてきていますよね。
オウンドメディアマーケティングにもメリットとデメリットがありますが、どうしてこんなにもオウンドメディアマーケティングが
求められているのでしょうか。
そこで今回は、オウンドメディアマーケティングがおすすめの理由について掘り下げてみます。
○オウンドメディアを持っていれば売上が0にならない?
最近ではメディアが出す広告の表現やデザインに対する評価が厳しくなってきてします。
売れなければ急に広告の出稿を止められてしまう事だってあります。
そんな時、オウンドメディアを持ってオウンドメディアマーケティングをしている企業は強いです。
売上が突然0になってしまう事はないでしょう。
○見こみ客がつくチャンスが期待できます
オウンドメディアマーケティングによって、これまでの見こみ客を顧客に変えられるチャンスが生まれます。
オウンドメディアマーケティングをしていない企業であれば、広告を出し続けなければなりません。要するに営業活動をしなければならず、人件費もコストもかかってしまいます。
結果が伴わなければきつく、直接業績にダメージが出てしまいますが、オウンドメディアマーケティングをしていればそのような心配はありません。
http://www.listeningmind.com/オウンドメディアマーケティング/

ビジネスシーンで役立つマーケティングの分析法2点

マーケティングには分析していく事が欠かせませんが、その分析法は多岐に渡っています。
今回はその中でも、おすすめの分析法を2点ご紹介していきます。
是非ご参考にしてみてください。
○アソシエーション分析
アソシエーション分析とは、いくつかの事象の関連性を見つけ出し、「もしも~だったら~」という仮説を立て、経営戦略やマーケティングに活かしていく分析法です。
一見関係なさそうでも複数の事象が発生している場合、そこに何かしらの要因が隠れている事が多いです。それを見つけ出せるのが「アソシエーション分析」です。
○バスケット分析
バスケット分析というのは、アソシエーション分析から派生したデータ分析の手法です。
分析の対象がユーザーが買った商品に限定されているというのが特徴です。
要するに、ユーザーは買い物かごに何を入れているのか?というのを分析していきます。これによって、商品が同時に購入されている確立が高いといったデータをはじき出す事ができます。
ECサイトにはよく、
「この商品を購入した方はこちらの商品も購入しています」
という誘導文を見かける事がありますが、これこそバスケット分析を生かしたマーケティングです。マーケティング分析

検索エンジン最適化で上位表示を目指すために知っておくべきこと

サイト作成する上では、最近検索エンジン最適化が求められています。今や検索エンジン最適化とはIT業界ではよく耳にするお馴染みの言葉でしょう。
○グーグルの基準に沿った検索エンジン最適化を
検索エンジン最適化によって、自社サイトを少しでも上位に上がらせたいと考える企業はきっと多いはずです。しかしいかに上位に表示させるかというのは、検索エンジンの開発者の考える一定のルールによって変動してきます。
検索エンジン開発者の基準に沿うためには、まずは世界で最も使用されている検索エンジン、グーグルがどのような考えに基づいて、サイトを評価しているのか探る必要があります。
○グーグルの共同開発者ラリー・ペイジの言葉にヒントが隠されている?
Googleのホームページには、共同創設者であるラリー・ペイジの言葉が出ています。
「完璧な検索エンジンとは、ユーザーの意図を正確に把握し、ユーザーのニーズにぴったり一致するものである」。
要するにグーグルはユーザーをとても大事にしているの、ユーザーにとって使いやすく、かつ役立つようなコンテンツを高く評価しているという事です。SEOチェック

オウンドメディアの長所とは?

みなさん、こんにちは。今回はオウンドメディアマーケティングの長所とは何かについて話していきたいと思います。
まず1つ目は、掲載情報が長期的な資産となり得るということです。
例えば広告の場合、出稿すれば莫大な費用がかかり、この費用は基本的には掛け捨てとなってしまいます。
これがソーシャルメディアであっても費用こそかかりませんが、情報はタイムラインに掲載されるため、一過性のものとなってしまいます。
これに対しオウンドメディアであれば、費用が無料な上に情報もストックされるため、長期的な資産となり得ます。
次に2つ目が、見込み客と長期的な信頼関係を築けるということです。
オウンドメディアマーケティングはわかりやすくいえば、これまで営業や販売員が構築してきた顧客との関係づくりをネット上で行なう手法です。つまり、質の高い情報を提供し続ければ、見込み客との信頼関係も強固なものにすることが可能となります。
最後に3つ目が、情報こそが差別化になるということです。
競合との違いを商品自体に置く企業が大半ですが、情報の差別化は購買においての差別化ともなり有効です。
オウンドメディアの長所についてはこちらも

オウンドメディアを成功させるための秘訣2点

オウンドメディアを成功させるには、こだわらなければいけないポイントが複数あります。今日はその中でも2つお伝えしていきます。
○ユーザーと目的を意識した記事を設計する
記事を制作する上で大切なのは、想定する「ユーザー」と記事の「目的」です。これが定まらなければ、何のためにオウンドメディアを立ち上げているのかわからなくなってしまい、運営中に軸がずれてきてしまいます。記事の本数に比例した成果が挙げられなくなってしまうので、ライターの獲得と教育の2軸に対応していく事が重要です。ちなみに記事の掲載本数は毎月20本前後、1000~1500文字の記事を一年間で300本公開するのを目安にしてみてください。
○リサーチキーワードを作る
「リサーチキーワード」を考えるとオウンドメディアは一層効果を発揮します。リサーチキーワードを設定するには、検索ボリュームが多く、SEOの難易度が低いものを選びます。その方が大量のトラフィックが獲得できるからです。
さらに、内部リンク施策を行う事によってサイト全体のSEO力を高める事ができます。本記事はこちらを参照しました。

マーケティングオートメーションというマーケティングツールについて

皆さんこんにちは。今日は「マーケティングツール」のお話です。
マーケティングツールと言えば、その名の通り、webマーケティングを行うにあたって
使うのに便利なツールです。マーケティングツールがあれば、アクセス解析や顧客データの分析をする事ができ、より効果的なコンテンツ制作など、戦略に生かしていく事ができるツールです。
○マーケティングオートメーションがおすすめ?
マーケティングツールの中で今注目されているものの中に、「マーケティングオートメーション」です。
マーケティングオートメーションとは何かというと、顧客管理や集客、見こみ客増加に向けて利用するマーケティング活動のプロセスを自動化するためのマーケティングツールの事です。
昔のマーケティングでは、企業が自社にとって都合のいいセグメント設計で行うだけでしたが、マーケティングオートメーションがあれば、顧客の心理やアクションにあった自由なアプローチがしていけるのです。マーケティングオートメーションでするべきこと

オウンドメディアの特徴とは

オウンドメディアとは自社サービスを直接与えるものではなく、自社サービス②関係した情報を発信していき、ユーザーとの接触を増やしていく事によって、ユーザーを顧客化する事を役割としたフレームワークです。
ユーザー目線に立って情報を発信していき、配信していく事を「コンテンツマーケティング」というのであれば、その配信先は「オウンドメディア」となります。
○オウンドメディアは良質なコンテンツを作り続ける必要がある
良質なコンテンツを作っていくためには、ある程度費用がかかります。
これは企業側にとって「投資」にあたるわけですが、クオリティの高いコンテンツを蓄積していけば、サイトの価値もそれだけ高まり、ユーザーの目に留まるようになります。
イメージ的には貯金しているような感覚です。
○一つのサイトで全ての情報が網羅できるようにすると高評価
ユーザーにとって、いくつかの情報を検索することなく、一つのサイトで全部の情報が網羅できるのは効率的で便利です。検索エンジンについても、情報を網羅したサイトを好んで評価します。
メディアを成功させるには、注力したいキーワードに関したテーマを網羅する事が大切なのです。そしてこれがオウンドメディア成功への秘訣でもあります。そんなオウンドメディアが注目される理由はこちらから

マーケティングツール導入で失敗しないようにするには

マーケティングツールの認知度が高まってきていますが、実際に導入している企業はあまり多くありません。また、導入するにあたっては、マーケティングツールの選び方も重要です。それでは、マーケティングツールを導入する上で、失敗しないようにするにはどうすればいいのでしょうか。
○マーケティングツールの選び方
・マーケティングツールの運用や複数のツールについて詳しい代理店に相談する
・マーケティングツールを使う目的を具体的にすること
・複数のマーケティングツールを比較しておくこと
○高性能なマーケティングツールはその分マニュアルも厚い!
たとえ高性能なマーケティングツールを導入しても、管理画面を開いても全く使い方がわからないという例がよくあります。マーケティングツールのマニュアルもちゃんとついているものの、100ページくらいあって読む気すら起こらない…という事も多いです。
本気で成果を出したいなら、100ページ読んでマーケティングツールを使い倒しましょう。
○マーケティングツールは使いこなせなければ意味がない
ある企業では、高性能なメールマーケティングツールを月額10万円近く払って導入していたのですが、担当者が使い方をよく理解できなかったため、テキストのメルマガ配信でしか使っていませんでした。これはとても勿体ないです。
テキストメルマガを送るだけなら今では月額数千円でできますし、HTMLのメールでも送る事ができます。
この企業がどうなったかというと、結局月額数千円のツールに乗り換えたのです。本記事はこちらを参照しました。

効果的にSEO対策するならこの2点を抑えよう!

皆さんこんにちは。今日はより効果的にSEO対策していくためのコツを2点ご紹介します。
○コンテンツの量を増やす
※コンテンツ=ページの中にあるオリジナルの情報
情報量が少ないとグーグルは評価してくれないので、なかなか上位に上がっていきません。
「コンテンツが多い」という基準は100ページ以上です。毎日更新しながらページをコツコツ増やしていきましょう。
一番いいのは、コンテンツ量も多くて質の高いページです。
グーグルは正しくページを評価するので、コンテンツの中身を正確に判断します。そのためごまかす事はできません。
○タイトルを最適なものにする
SEO対策する上で、タイトルは非常に重要です。そのサイトが上位にいくか下がるか、大きな鍵を握る部分でもあります。SEOの法則に従って正しいタイトルを設定するようにしましょう。
そうすれば検索結果で上位にいくようになります。それではどんなタイトルを考えればいいのかというと、まずは次のポイントを意識して作ってみてください。
・インパクトのあるタイトルにする
ありきたりで無難なタイトルはあまり評価されません。ユーザーがギョっとするようなインパクトあるタイトルが好ましいでしょう。
・SEO対策のキーワードを含める
一番の基本ですが、キーワードを必ず含めましょう。もしもキーワードが2つあったならその2つともタイトルに入れます。SEOチェックで効果を確認

成功するオウンドメディアと失敗するメディアの違い

数年で注目されるようになってきたオウンドメディア。
今もトレンドとして伸び続けているオウンドメディアは、成功しているメディアもある一方で、失敗していくメディアもあります。オウンドメディアを立ち上げたからといって、
必ずしもすぐに軌道にのってうまくいくとは限りません。オウンドメディアの成功に要する要点をきちんとキャッチしていなければ、いくらオウンドメディアをたちあげても意味がありません。
それではその成功と失敗の違いは何なのでしょうか?
○オウンドメディアを成功させるのに必要なこと
オウンドメディア戦略を考える時は、まずは次のような事を考慮してみましょう。
・発信したコンテンツで何をわかってほしいのか
・誰に対して発信していくメディアなのか
・ユーザーに対して何を発信していくつもりなのか
オウンドメディアのコンセプトは企業理念に似ています。このメディアを見ればこれが理解できる!というのが明確でなければなかなかユーザーは寄ってきません。
これが成功と失敗の分かれ道でもあります。成長しているオウンドメディアのを活用した事例です。