ソーシャルチャンネルで発見することができる5つのマーケティングインサイト

1.顧客の購入決定の変化:


リサーチのために必要なリサーチ・分析ツールは、多様に分布している。より効果的な意思決定とサービス/製品を使用するためには、顧客のニーズと購買欲求を正確に把握する実行過程が必要である。そのために、顧客の動機を詳細に把握できる調査設計が行われるとき、ソーシャルリサーチを通って見ることができる一連のトレンドの中心の顧客の購入/お客様の好みの変化の把握に有用である。実際の製品の販売とサービスの拡大などが明確につながるかは分からないが、ソーシャル・リサーチを通って見る顧客の購入決定プロセスの変化は非常に重要な洞察になるだろう。


2.顧客が必要とする洞察発掘:


(既存のソーシャル分析ツールやモニタリングサービス)オンラインで単に顧客の表面的なデータを介して理解をするならば、ソーシャルリサーチが実行されるビジネス的なアプローチは、社内外の利害関係者と顧客が望む情報を360の方向に見ることができる動機を提供するものである。ただし、あなたが収集することができるデータの範囲とデータ収集の深さと理解が伴うとき、オンライン/オフラインの顧客が希望する情報のニーズは、顧客が必要とする洞察発掘において信頼できる知識の深さと範囲をソーシャルリサーチは一部発掘してくれることができる。


3.継続的な製品(サービス)の開発:


製品と無形のサービスを改善するために多くのデータを収集した場合、これから(伝統的な)リサーチの方法論とソーシャルリサーチの実行方法を組み合わせた、より良い消費者満足志向の結果を得ることができるように設計してみよう。ソーシャルリサーチは、マーケティングや戦略企画、広報担当者は、別のプロジェクトを遂行するようにすることができる。つまり、さまざまなチャンネルから一方向的に聞いたメッセージとお客様の声を多様化されたチャネルを介して(知識を積んで)製品やサービスの改善のための開発を通じて、より持続可能な結果を​​生むことができるようしてくれるのだ。


4.競合他社(サービス)の分析を通じた顧客価値の発掘


進化したソーシャル分析サービスは、競合他社のデータを分析するための優れたツールであることは明らかです。 Twitterをはじめ、フェイスブックまでプラットフォームの進化に応じて、競合他社の分析サービスは、様々な変化、実行がされる。ただし、顧客の意見を接するためには、技術的に算出された洞察力のある価値情報をオフラインの顧客調査や様々な調査方法を介してデータを収束、比較分析しなければならない困難が伴うものだ。しかし、これらの比較および結合の方法は、はるかに価値のある情報を提供してくれるだろう。技術と顧客音を並行するソーシャルリサーチのアプローチは、進化した競合分析を実行する方法で認められるきっかけになるだろう。


5.お客様(視点)の理解:


産業、企業、製品、ブランド、サービスでは、顧客が全てである。そして、顧客が伝えるメッセージやコメントは、サービス、ブランド、製品、企業、産業に影響する。専門的でなくとも、顧客の意見を収集し、聞くステップは、すべてのビジネスの場所で必ず収束しなければならプロセスである。ソーシャルリサーチは、そのような観点から、顧客を理解する過程であり、役割であることを知っておく必要である。ただし、お客様が所有している趣味や興味を収集していなくても、顧客が参加して作り上げるすべての一連の会話のオンオフライン結果については、企業の立場からの継続的な聞くことをしなければならならない。ソーシャルリサーチがしなければなら方向は、顧客のすべてのものになることができる。


マーケティング分析についてより詳しい情報はこちらをご覧ください。


コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>