営業に活かせるマーケティング

“marketing”
ウェブマーケティングで得られた情報は営業に結びつくということがよく言われています。
ではどんな情報が実際に結びつくのでしょうか?
よく言われているのがマーケティングオートメーションのリードナーチャリングで得られたユーザー別のスコアです。
スコアが高いユーザーほど購入に近いユーザーでそのフォローを営業がすることで購入へと導かれると言われています。ですが、それは正しいのでしょうか?
まずどんなところからスコアが計算されるかというと、ページビューやリピート回数、平均滞在時間などです。
これらからスコアは算出されます。ただこの要素だと単に競合を調べてたり、情報を閲覧しているのみかもしれません。そういったことから単純にスコアを営業先データの参考にするのはあまり良くないと思います。また、営業に渡しても結果が出なかった場合、営業とマーケティング間での関係に問題が起きてしまうかもしれません。そういった面からもスコアを重視して営業に活かせるというのは盲信すべきでないと感じます。マーケティング分析


コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>