マーケティングの歴史

“marketing”

マーケティングは現在になるまでにその形を変えてきました。 これらの変化を見ていきましょう。 ※デジタルが普及後からに限る

アウトバウンドマーケティング:70年代~

アウトバウンドマーケティングが出てきたのはTVが世に出回ってきたからが主です。 そこから効果的な宣伝方法だと認識されて、一時代を築きます。

インバウンドマーケティング:2000年代~

インバウンドマーケティングは消費者自らに商品を買ってもらえる環境作りに特化しています。 これは、インターネットの普及が広まってから流行しているスタイルです。肝心なことは情報の提供の量と質が変わったことです。インバウンドではターゲットを絞る代わりにより購入に近いユーザーに宣伝します。

メールマーケティング:2000年代後半~

インバウンドマーケティングの流行とともにメールでのマーケティングが行われ始めました。2つを駆使してマーケティングのROIを強化していきます。

オウンドメディア:2010年代~

自社メディアの活用が鍵を握っています。誰もが簡単に自分のサイトから情報を発信できる仕組みが整って、ネットでの競争がより激しくなっています。 よりブランド力や発信力が重要視されています。

ざっとこういった流れです。マーケティングは実社会からネットねのものに形を変えていきます。今後はもしかしたら、実社会でのマーケティングに戻るかもしれませんね

本記事はマーケティングを参照しました。


コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>