検索エンジン最適化の仕組みについて~クローリング

“analytics”

検索エンジン最適化では、いったいどのように検索結果を表示させているのか気になりますよね。簡単に検索エンジン最適化ができるわけではありません。
webサイトを作成しても、検索結果で上位に表示されるようにするにはステップがあります。今回はそのステップの一つである「クローリング」についてご説明していきましょう。


クローリングとは


「クローリング」という言葉を初めて聞く人も多いでしょうが、これは簡単にいってしまえばwebサイトの情報収集するものです。「クローラー」と呼ばれる検索ロボットが、ネット上にある様々なページを巡回していき、情報収集していきます。この巡回作業を「クローキング」と呼んでいるのです。クローラーは効率よく、ページからページへのリンクもたどっていきます。


しかしネット上では一日に数十億のページが作られているので、おびただし数のページが存在しています。そのため、巡回に値しないようなページは情報収集から漏れてしまいます。また、ウェブサイト作成しただけで自然とクローラーが発見し、巡回してくれるわけでもありません。Webサイト内の各ページも巡回しやすくしなければならないのです。


巡回しやすくさせるには


クローラーがクローリングしやすいようにするには、次のようなポイントがあります。
・検索エンジン用のサイトマップであるsitemap.xmlを作成する
・パンくずリストを設置する
・外部サイトからリンクが集中するような良質なコンテンツを作成する

     検索エンジン最適化


コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>