マーケティング分析の中の3C分析について

マーケティング分析の中には複数の方法がありますが、その中には「3C分析」というのがあります。3C分析を行うと事業の進行方向が大体つかめてくるので、分析するのに有利だと考えられています。


マーケティングの3C分析3つの要素とは
マーケティングの本質はいくつもある施策の中から、最も効率的な方法に資源を集中させ、
ターゲットに選ばれ続け、売上や目的を達成するための仕組みをいいます。3C分析でポイントになってくるのは次の要素です。
・自社
・市場(顧客)
・ライバル

3C分析の開始はまず「顧客分析」から
3C分析においては、市場や顧客の分析を行っていきましょう。市場を知らないままだと、自社の長所・短所を的確に把握する事ができません。そこで次の3つのマーケティング手法を使う事によって、効果的に分析が収集できるでしょう。
・顧客分析
・ミクロ分析(業界の構造変化から、自社ビジネスへの影響を検討する)
・マクロ分析(人口や流行の流動など社会的な変化を見つけるために行う)


顧客分析においては、
マクロ・ミクロ分析で取り入れた情報が、顧客のニーズにどのくらい影響を与えているのか見極めていきます。提供する商品やサービスに係る一般的な顧客の動向を分析していき、具体的な購買・使用行動を把握していきます。


デジタルチャネルの分析について


コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>