マーケティングツールの基礎知識、大事なこと

“media”

最近日本でも「マーケティングツール」が増えてきていて、これからどんどん増え続けていくだろうと考えられます。現在では200以上ものマーケティングツールが存在し、どのように選んだらいいのかわからないという方も多いでしょう。実際マーケティングツールについての問い合わせは増えつつあります。

マーケティングツールを選ぶ時の注意点とは

マーケティングツールを選ぶ時には、いくつか注意点があります。まず一番重要なのが、何を目的としてマーケティングツールを探すのか明確にする事です。しかしこれには大きな落とし穴となります。「最近、そろそろマーケティングツール業務に着手したい!」と漠然に思っただけでマーケティングツールを選ぼうとする人もいるでしょうが、これは適切な順序ではありません。まずはマーケティングツールで「何をしたいか」というのを分析しなければならないのです。

マーケティングツールを使って何をしたいの? マーケティングツールを使う目的について考えましょう。 ・ツイッターやフェースブックで自社の顧客とのコミュニケーションをスムーズにやる事が目的なのか? ・商品宣伝をしたいのか? ・風評被害を抑えたいのか? ・全部行いたいのか? などなど、マーケティングツールを使って何をしたいのか目的は複数考えられますよね。 このプロセスを誤ってしまうと、実際にマーケティングツールを導入したのはいいものの「できなかった」なんて事になってしまいます。ミスマッチが生じてしまうのです。

大事なのはマーケティングツールを使う事ではないのです。・商品宣伝をしたいのか? を通じて具体的にどんな事を達成したいのか具体化する事が大切なのです。

マーケティングツール

マーケティングの歴史

“marketing”

マーケティングは現在になるまでにその形を変えてきました。 これらの変化を見ていきましょう。 ※デジタルが普及後からに限る

アウトバウンドマーケティング:70年代~

アウトバウンドマーケティングが出てきたのはTVが世に出回ってきたからが主です。 そこから効果的な宣伝方法だと認識されて、一時代を築きます。

インバウンドマーケティング:2000年代~

インバウンドマーケティングは消費者自らに商品を買ってもらえる環境作りに特化しています。 これは、インターネットの普及が広まってから流行しているスタイルです。肝心なことは情報の提供の量と質が変わったことです。インバウンドではターゲットを絞る代わりにより購入に近いユーザーに宣伝します。

メールマーケティング:2000年代後半~

インバウンドマーケティングの流行とともにメールでのマーケティングが行われ始めました。2つを駆使してマーケティングのROIを強化していきます。

オウンドメディア:2010年代~

自社メディアの活用が鍵を握っています。誰もが簡単に自分のサイトから情報を発信できる仕組みが整って、ネットでの競争がより激しくなっています。 よりブランド力や発信力が重要視されています。

ざっとこういった流れです。マーケティングは実社会からネットねのものに形を変えていきます。今後はもしかしたら、実社会でのマーケティングに戻るかもしれませんね

本記事はマーケティングを参照しました。

営業に活かせるマーケティング

“marketing”
ウェブマーケティングで得られた情報は営業に結びつくということがよく言われています。
ではどんな情報が実際に結びつくのでしょうか?
よく言われているのがマーケティングオートメーションのリードナーチャリングで得られたユーザー別のスコアです。
スコアが高いユーザーほど購入に近いユーザーでそのフォローを営業がすることで購入へと導かれると言われています。ですが、それは正しいのでしょうか?
まずどんなところからスコアが計算されるかというと、ページビューやリピート回数、平均滞在時間などです。
これらからスコアは算出されます。ただこの要素だと単に競合を調べてたり、情報を閲覧しているのみかもしれません。そういったことから単純にスコアを営業先データの参考にするのはあまり良くないと思います。また、営業に渡しても結果が出なかった場合、営業とマーケティング間での関係に問題が起きてしまうかもしれません。そういった面からもスコアを重視して営業に活かせるというのは盲信すべきでないと感じます。マーケティング分析

“Eメールマーケティングはまだ重要な理由3つ “

“minna”


1.電子メールは、最もよく使用されるオンラインチャネルの一つである


オンラインチャネルは、信じられないほど多くなったが、まだ多くの人が電子メールを使用します。国内でもインターネットユーザーの半数以上が電子メールを使用しています。


2.電子メールは、明らかになった消えるサービスはありません


PC通信、オンラインメッセンジャー、SNS、モバイルメッセンジャーが明らかになった消える中メールは、最初に登場した以来、着実に桁を守ってきました。


3.電子メールのサブスクライバがフェイスブックのページのファンよりも参加率が高くなります。


フェイスブックページのファンになるのは、ワンクリックで十分です。しかし、電子メールを購読するためには、それよりも多くの努力が必要です。メールアドレスを入力して、サブスクリプションのボタンをクリックして、サブスクリプションの確認のメールを開いてもう一度ボタンをクリックするのです。


それだけ忠誠心が高く、コンテンツの参加率も高くなります。フェイスブックのコンテンツは、ニュースフィードの中で流さがメールの内容は、ユーザーの設定に応じて精巧に分類されて溜まって、検索機能を使用して再度参照も簡単です。

マーケティングツール

“オウンドメディアがカギを握る消費者の購入プロセスの変化 “

“marketing”


こんにちは。みなさんは何か買うときどのようにして購入していますか?
店頭に行って店員さんの話を聞いて?それともネットから自分で調べて買っていますか?


私はネットで買うことが増えています。
なぜなら。。。


1.移動の手間がない
2.色々な角度から検討できる(情報が多い)
3.種類が豊富(店頭にないものも検討可能)


こういった理由でネットでものを購入します。


もちろん店頭で販売員さんの話を聞くことは有意義です。それに自分で購入したと言うワクワク感もあります。
ただ、ネットで購入する人が増えていることも確かです。
そんな時代だからこそ、企業は自社メディア(オウンドメディア)を活用して商品を買ってもらえるように努力する必要があるのではないかと思います。


僕はオウンドメディアの活用が今後の企業のカギを握ると考えています。
自分らの商品を買ってくれるファンをオウンドメディアを通して獲得しましょう。
面白いコンテンツなどユーザーの心を掴む情報を提供することでファンは増えると思います。


そうした、オウンドメディアを利用したマーケティング手法の事例などもあるので検索して見ましょう。
また、オウンドメディア専用ツールもあるのでよかったら参考にしてください。


http://www.listeningmind.com/オウンドメディアマーケティング/

ソーシャルチャンネルで発見することができる5つのマーケティングインサイト

1.顧客の購入決定の変化:


リサーチのために必要なリサーチ・分析ツールは、多様に分布している。より効果的な意思決定とサービス/製品を使用するためには、顧客のニーズと購買欲求を正確に把握する実行過程が必要である。そのために、顧客の動機を詳細に把握できる調査設計が行われるとき、ソーシャルリサーチを通って見ることができる一連のトレンドの中心の顧客の購入/お客様の好みの変化の把握に有用である。実際の製品の販売とサービスの拡大などが明確につながるかは分からないが、ソーシャル・リサーチを通って見る顧客の購入決定プロセスの変化は非常に重要な洞察になるだろう。


2.顧客が必要とする洞察発掘:


(既存のソーシャル分析ツールやモニタリングサービス)オンラインで単に顧客の表面的なデータを介して理解をするならば、ソーシャルリサーチが実行されるビジネス的なアプローチは、社内外の利害関係者と顧客が望む情報を360の方向に見ることができる動機を提供するものである。ただし、あなたが収集することができるデータの範囲とデータ収集の深さと理解が伴うとき、オンライン/オフラインの顧客が希望する情報のニーズは、顧客が必要とする洞察発掘において信頼できる知識の深さと範囲をソーシャルリサーチは一部発掘してくれることができる。


3.継続的な製品(サービス)の開発:


製品と無形のサービスを改善するために多くのデータを収集した場合、これから(伝統的な)リサーチの方法論とソーシャルリサーチの実行方法を組み合わせた、より良い消費者満足志向の結果を得ることができるように設計してみよう。ソーシャルリサーチは、マーケティングや戦略企画、広報担当者は、別のプロジェクトを遂行するようにすることができる。つまり、さまざまなチャンネルから一方向的に聞いたメッセージとお客様の声を多様化されたチャネルを介して(知識を積んで)製品やサービスの改善のための開発を通じて、より持続可能な結果を​​生むことができるようしてくれるのだ。


4.競合他社(サービス)の分析を通じた顧客価値の発掘


進化したソーシャル分析サービスは、競合他社のデータを分析するための優れたツールであることは明らかです。 Twitterをはじめ、フェイスブックまでプラットフォームの進化に応じて、競合他社の分析サービスは、様々な変化、実行がされる。ただし、顧客の意見を接するためには、技術的に算出された洞察力のある価値情報をオフラインの顧客調査や様々な調査方法を介してデータを収束、比較分析しなければならない困難が伴うものだ。しかし、これらの比較および結合の方法は、はるかに価値のある情報を提供してくれるだろう。技術と顧客音を並行するソーシャルリサーチのアプローチは、進化した競合分析を実行する方法で認められるきっかけになるだろう。


5.お客様(視点)の理解:


産業、企業、製品、ブランド、サービスでは、顧客が全てである。そして、顧客が伝えるメッセージやコメントは、サービス、ブランド、製品、企業、産業に影響する。専門的でなくとも、顧客の意見を収集し、聞くステップは、すべてのビジネスの場所で必ず収束しなければならプロセスである。ソーシャルリサーチは、そのような観点から、顧客を理解する過程であり、役割であることを知っておく必要である。ただし、お客様が所有している趣味や興味を収集していなくても、顧客が参加して作り上げるすべての一連の会話のオンオフライン結果については、企業の立場からの継続的な聞くことをしなければならならない。ソーシャルリサーチがしなければなら方向は、顧客のすべてのものになることができる。


マーケティング分析についてより詳しい情報はこちらをご覧ください。

お見知りおきください!

今日は。この記事では、ひとまず簡単に自己紹介させて頂こうかと思っています。
職場の人から勧められたことを契機に、このブログを始めようと決心しました。
通販とネットサーフィンが趣味で、このほかにゲームとか映画鑑賞にも手を出してみたいと思っています。かなり気まぐれな一面もあるのですが、行動力では負けません!
仕事に追われて更新が止まりがちになってしまう時もあるのではと思いますが、どうぞ暖かく見守って頂けたら嬉しいです。

ご挨拶

マーケティング情報部≪blendsmsmarketing≫に来ていただき、ありがとうございます。
このブログでは、私の生活をのんびりつづりつつ、最新ワードや話題の商品も取り上げていこうと思っています。
ホームページの知識はまだ浅いので、見よう見まねでやっていくつもりです。
今後は役立つ情報をどんどん投稿していくつもりなので、よかったらチェックみて下さいね。